shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年10月07日

【公務員】ノーベル賞 発表!

こんにちは。公務員試験対策の予備校、東京アカデミーお茶の水校の公務員担当です。

今日10月7日からノーベル賞の受賞者が発表されます。

ノーベル賞とは、ダイナマイトの発明者として知られるスウェーデンのアルフレッド・ ノーベルさんの遺言に従って、1901年に開始された世界的な賞です。

予定では、
7日が、医学・生理学賞
8日が、物理学賞
9日が、化学賞
10日が、文学賞
11日が、平和賞
14日が、経済学賞
の発表となっています(※文学賞は今年は2人発表)。

ノーベル賞を受賞した日本人は過去26人で、去年は京都大学特別教授の本庶佑さんが医学・生理学賞を受賞しました。

先月の国連で環境問題を訴えたスウェーデンの16歳少女グレタ・トゥンベリさんが平和賞を受賞するのか、これまで日本人の受賞者がいない経済学賞で米プリンストン大学の清滝信宏教授が受賞するのか、などなど、注目すべき点は何点もありますが、実はノーベル賞の問題は、公務員試験で高い確率で出題されます。

直近では2019年地方公務員A日程試験の「社会」の選択肢の一つで、「2010年以降の自然科学におけるノーベル賞について,化学賞や物理学賞においては日本人の受賞者はいるが,医学・生理学賞においては日本人の受賞者は出ていない。」という問題が出題されました(※受講生からの聞き取り調査ですので科目や選択肢の実際の文章は異なる可能性あります)。

答えは「×」で正しくは「医学・生理学賞において2018年本庶さん他3名が受賞した」です。

公務員試験の受験を目指されるみなさまは、しっかりとノーベル賞のニュースを見ておいてくださいね。


<民法改正ゼミ第2弾 好評受付中>
日時:2019年12月22日(日) 13:00〜15:40
場所:東京アカデミー池袋校

お申し込みはコチラから
posted by 東京アカデミーお茶の水校 at 10:58| 東京 ☀| 公務員試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする