shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年08月23日

教育関連NEWS 文部科学省白書/不登校調査

20無料ガイダンス.jpg 20傾向分析会.jpg

こんにちは。東京アカデミーお茶の水校の福田です

2020年夏受験のための池袋校無料ガイダンスは、8/25(日)13:00-14:00開催です。

詳細は、上記バナーをクリックしてください。


さて、最近私が個人的に気になった教育関連ニュースを2本お届けします。

8/15 平成30年度文部科学白書 公表
📱詳細Link 文部科学省:平成30年度文部科学白書

2020夏受験を目指す受験生の皆さんは、

「第1章 教育再生の着実な実現」
:近時と今後の教育施策の動向がまとめられている
「第4章 初等中等教育の充実」
:新学習指導要領など国が目指す教育の方向性のほか、学校・教員・子ども達を取り巻く様々な課題への対応等がまとめられている

を読んでおきましょう。

さらに、「第11章 ICTの活用の推進」も読んでおくと良いと思います。

余談ですが、初等中等教育とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、幼保連携型認定こども園における教育を言います(文部科学省設置法 第4条7)。


8/20 不登校 来年度は文科省が学校を介さず聞き取り調査
📱詳細Link 読売新聞オンライン 不登校調査は学校介さず…来年度数百人聞き取り

例年の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」では、不登校については「学校、家庭に係る不登校の要因(区分)」として

● 学校に係る状況
(いじめ/いじめを除く友人関係/教職員との関係/学業の不振/進路に係る不安/クラブ活動・部活動等への不適応/学校のきまり等をめぐる問題/入学・転編入学・進級時の不適応)
● 家庭に係る状況

等の中から、学校側が選択回答して教育委員会経由で文科省に報告しています(同様に報告される「本人に係る要因(分類)」とのクロス集計が行われる)。

読売新聞によると、来年度は民間企業に委託して、学校を通さずに聞き取り調査を行なうとのことです。記事には“背景にあるのは、いじめの認知件数が過去最多となっているのに対し、学校側が挙げる不登校の理由では、「いじめ」の割合が極めて低い状況にあることだ。”とも書かれていました。

なお、「不登校」とは、

年度間に連続または断続して30日以上、何らかの心理的、情緒的、身体的、社会的要因・背景により児童生徒が登校しない、あるいはしたくともできない状況(病気・経済的理由による場合を除く)

を言います。

では、また気になるニュースがありましたら、ご紹介します


posted by 東京アカデミーお茶の水校 at 11:00| 東京 ☀| 教員採用試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。